1. 1954

    東京都世田谷区にわかもと製薬㈱の関係会社日本ゼオラ㈱として設立。
    歯垢沈着予防成分ゼオライトを基剤とした薬用歯磨「ゼオラ」の生産を開始。

  2. 1957

    自社販売品として美白効果のあるクリーム「南蛮」を開発し、生産を開始。

  3. 1964

    米国メンネン社(現コルゲート社)と技術提携し、男性化粧品およびベビー化粧品を開発し、生産を開始。

  4. 1967

    大正製薬(株)と提携、ビタミンEを配合した「薬用イーグル歯磨」を開発し、生産を開始。

  5. 1968

    本社を東京都千代田区丸の内に、工場を神奈川県相模原市淵野辺に移転。

  6. 1969

    わかもと製薬(株)向けの、液体の薬用入浴剤「バスチャーミン」を開し、生産を開始。

  7. 1974

    全薬工業(株)と提携し、日本初の塩化リゾチーム配合の歯槽膿漏予防用高機能歯磨「デンキュア」(特許製品)を開発し、生産を開始。

  8. 1977

    ピジョン(株)と提携、ベビー化粧品シリーズを開発し、ベビー用品の生産を拡大。

  9. 1978

    全薬工業(株)向けの、低刺激弱酸性のアミノ酸系クリーム状ソープ「ロモコート」を開発し、生産を開始。中華民国(台湾)の国聯工業有限公司に対し歯磨技術を指導。

  10. 1986

    山陽スコット(株)向け、泡状のおしり洗浄剤「アワフレッシュ」を開発し、生産を開始。

  11. 1990

    社名を現社名(日本ゼトック(株))に改称し、本社を東京都千代田区九段へ移転。

  12. 1993

    15年に及ぶ臨床試験を経て、(株)サンギと共同研究を進めてきた薬用ハイドロキシアパタイトが日本で初めて厚生労働省中央薬事審議会より新有効成分として承認され、薬用ハイドロキシアパタイト配合歯磨「アパガードM」が広く認知される。

  13. 1995

    「アパガードM」の大ヒットによる歯磨増産のため、歯磨調剤設備を増設、主要充填・包装ラインを全自動化。

  14. 2002

    独自の乳化技術である、エマルション製法を確立し、リンゴ種子エキス配合のスキンケア化粧品シリーズ「ポミエ」を自社販売として発売、通信販売を開始。

    大正製薬(株)向けに、世界初のビタミンCを安定配合した非水系薬用歯磨「デントウェル」を開発し、生産を開始。

  15. 2004

    品質マネジメントシステムISO9001:2000を認証取得。(後にISO9001:2015年版に移行)

  16. 2005

    高浸透ビタミンC配合のスキンケア化粧品シリーズ「メディシャル」を自社販売品として発売。
    わかもと製薬(株)向けに、日本初の生きた乳酸菌を安定配合した薬用歯磨「アバンビーズ」を開発し、生産を開始。

  17. 2008

    神奈川県相模原市緑区大山町(橋本)へ工場を移転。

  18. 2010

    上海市に初の海外拠点となる上海駐在員事務所を開設。

  19. 2012

    上海に現地法人「泽透克(上海)商贸有限公司」を設立。大阪市中央区安土町に「大阪営業所」を開設。

  20. 2013

    環境経営基準認証
    「エコアクション21」を取得。

  21. 2014

    医薬品製造対応工場として、相模原事業所に2号棟を増設し、医薬品製造業・医薬品製造販売の許可を取得。本社を東京都新宿区の新宿野村ビルに移転。

  22. 2016

    株式会社IMLをグループ化

  23. 2018

    新生薬品工業(株)をグループ化し、その後合併。相模原事業所(開発研究部を除く)においてISO22716化粧品GMP(2007)を認証取得。