OEM製造

OEM製造について オリジナリティーに富んだ高機能かつ高品質の口腔ケア製品・化粧品を受託製造しています。
詳しくはこちら

自社製品ラインナップ

オリジナル化粧品 最新の皮膚科学をベースに、すこやかで上質な肌を育むスキンケア製品を提供しています。
詳しくはこちら

高齢者向け口腔ケア商品 高齢化社会におけるQOLの向上にお役に立てる口腔ケア製品を提供しています。
詳しくはこちら

日本ゼトックについてについて

沿革

1954年(昭和29年) 東京都世田谷区に、わかもと製薬(株)の関係会社 日本ゼオラ(株)として設立。
歯石予防成分「ゼオライト」を基剤とした薬用歯磨「ゼオラ」の生産を開始。

1964年(昭和39年) 米国メンネン社(現コルゲート社)と技術提携し、男性化粧品およびベビー化粧品を開発し、生産を開始。

1967年(昭和42年) 塩化ナトリウムの高濃度配合歯磨(塩入り歯磨)を開発し、生産を開始。

1968年(昭和43年) 本社を東京都千代田区丸の内へ、工場を神奈川県相模原市淵野辺にそれぞれ移転。

1974年(昭和49年) 日本初の塩化リゾチーム配合の歯槽膿漏用高機能歯磨「デンキュア」(特許製品)を開発し、生産を開始。

1977年(昭和52年) ピジョン鰍ニ提携、ベビー化粧品シリーズを開発し、ベビー用品の生産を拡大。

1978年(昭和53年) 低刺激弱酸性のアミノ酸系クリーム状ソープを開発し、生産を開始。
中華民国(台湾)の国聯工業有限公司に対し歯磨技術を指導。

1990年(平成2年) CIを実施し、社名を現社名(日本ゼトック(株))に改称し、本社を東京都千代田区九段南へ移転。

1993年(平成5年) 薬用ハイドロキシアパタイトが日本で初めて厚生労働省中央薬事審議会より新有効成分として承認を得る。
これにより薬用ハイドロキシアパタイト配合歯磨き「アパガードM」が世間に広く認知される。

1994年(平成6年) 相模原工場敷地内の研究棟を増改築し、新研究所として開設。

1997年(平成9年) 相模原工場敷地内に事務厚生棟を新設。

2002年(平成14年) 独自の乳化技術である、微粒化エマルション製法を確立し、リンゴ種子エキス配合のスキンケア化粧品シリーズ「ポミエ」を発売。世界初のビタミンCを安定配合した非水系薬用歯磨「デントウェル」を開発し、生産を開始。

2004年(平成16年) 品質マネジメントシステム ISO9001:2000を認証取得。
創立50周年記念式典を開催。

2005年(平成17年) 高浸透ビタミンC配合のスキンケア化粧品シリーズ「メディシャル」を発売。
日本初の乳酸菌を安定配合した薬用歯磨「アバンビーズ」を開発し、生産を開始。

2008年(平成20年) 研究開発機能を融合させた高品質生産対応工場を新設。

2012年(平成24年)
大阪市中央区に「大阪営業所」を開設。

2014年(平成26年) 本社を新宿野村ビルへ移転。

2016年(平成28年) 株式会社IML社を100%子会社化。